外資系サラリーマンのつれづれ

大阪在住の外資系サラリーマンが日常をつづります。

転職のあれこれ、自分の気持ちの整理について

前回の続き。 

 

gaishiksarariman.hatenadiary.jp

 

 

結局上司からはすごい引き留めをされました。

 

 

 

 

 

 

 

今の若手メンバーでお前に一番期待している。

 

 

今のタイミングじゃなくていいだろ?

 

 

転職は悪いことではないが、正直今のタイミングは納得出来ない。

 

 

お前がいなくなるのがショックだ。

 

 

お前をもっと成長させる自信がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

などなど。

 

色々な言葉をいただきました。

 

 

 

正直今気持ちが揺れ動いている。

 

 

さっきの言葉が上司の本心かわからない。

 

 

俺が辞めると、自分の評価が下がるとかそういうことを考えているのかもしれない。

 

 

でも、上司と今まで過ごしてきた年月がフラッシュバックしてきて、すごく寂しくなったのは事実。

 

 

そして、今の仕事内容より、次の仕事内容に興味があるのも事実。

 

 

 

自分の気持ちの整理がついてない状態です。

 

 

 

もっとドライな性格に産まれてたらこんなことに悩まなかっただろうし。

 

 

 

自分のこの性格が嫌になる。

 

 

 

 

 

耐えかねて、今週キャリアアドバイザーとの面談が組まれた。

 

 

 

キャリアアドバイザー的には自分の数字に直結するから、もちろん転職を勧めてくるだろう。

 

 

 

そんなことは分かっている。

 

 

 

 

 

上司との今までの絆。

 

 

自分のこれからの未来。

 

 

 

どちらが正しいのか。そんなことはわからない。

 

 

わかるはずもない。

 

 

 

 

 

どっちを選んでも後悔するだろう。

 

 

 

 

こんなことなら転職活動なんてするんじゃなかったと、最近ずっと考えている。

 

 

 

 

 

でも、自分のこれからのキャリアプラン、生き方をこんなにも考えたのは初めてだった。

 

 

 

 

新卒の時には、年収と外資系ってことだけで入社を決めた。

あとは一番早く決まったから。

 

 

そんな簡単な理由で入社を決めた会社だった。

 

 

入ってみたら激務だし、厳しいし、仕事は出来ないし、完全に鼻を折られた感じだった。

 

 

 

 

 

自分がどういう人生を送るのか?

 

 

今自分がどちらの道を選ぶべきなのか?

 

 

 

運命のタイムリミットは近づいてきている。

 

 

 

 

 

 

転職のあれこれ、退職交渉って円満に終わるの?

転職が終わって、昨日から退職交渉に入りました。

 

 

色々思うことがあったので、自分の気持ちを吐き出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

色々ネットで準備して上司には話をしました。

 

 

退職交渉は相談ではなく、報告。決定事項なんだ。という強い気持ちで臨めと見かけたのでその通り報告しました。

 

 

 

 

 

 

正直、めちゃくちゃ怒られるのかな、とか、怒鳴り散らされるのかな、とか思っていました。

 

 

 

 

 

でも、実際はそんなことなかった。

 

 

 

 

それは決まったことなんか?正直俺は悲しい。他のメンバーも悲しいと思う。

去年あんなに頑張って表彰されたやん?なんでこのタイミングなん?

 

 

とか後ろ髪引かれる気持ちになりました。

 

 

 

 

こんな苦しい気持ちになるんだったら転職なんかしなければよかった。

今の会社で我慢して、のほほんと過ごしてたらよかった。

そう思うほど胸が苦しくなりました。

恥ずかしながら、電話口で嗚咽し号泣したほどです。

 

上司とか、他のメンバーとの思い出とか、すごく良くしてくれたクライアントの人とかフラッシュバックしてきて。

本当に自分の選択は正しかったのか?一時の感情に振り回されていたのではないか?

とか、すごく悩みました。

正直今も仕事が手につかず、ブログをはけ口にしています。

 

心の底から、今の会社とか、上司とかメンバーのことが嫌いになれたらどんなに楽か。

そうしたら、こんな思いせずに、次のステップに行けるのに。

 

自責じゃなく他責にしたい気持ちでいっぱいです。

 

 

今日の夜に上司とサシ飯に誘われました。

おそらく引き留めにあうんだと思います。

 

強い気持ち?ブレない心?そういうのが必要なのかな?

退職交渉って辛くない?

俺のメンタルが弱いだけ?

 

転職経験者の人ってみんなこれ乗り越えてるの?

申し訳なさとかってみんな乗り越えたの?

 

前時代的とか、もっと自分中心でいいとか、意見はあるだろうけど。

 

 

 

 

僕の人生史①

前回の記事で書いた件です。

 

 

gaishiksarariman.hatenadiary.jp

 

 

転職しちゃいます☆

 

 

 

まぁ転職先は内緒です。

 

 

 

んで、転職活動をしている中で、やたらと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さい頃はどんな子供だった?

 

 

とか、

 

 

 

 

その性格のルーツは何?

 

 

 

 

 

とか、やたらと昔のことを聞かれたんですよ。

 

 

 

 

 

 

いやいや、それなんか関係あるの?とか思いながら答えてましたけども。

 

 

 

 

 

なんだかんだでブログ歴10年弱くらいあるんですけど。

あ、もちろん10年みっちり書いてたとかそんなんではないです。

 

 

 

 

なんか自分のこと振り返るのも楽しいのかな、と。

 

 

 

 

新卒の就活の時は、自己分析とかやらなかったタイプ。

 

 

 

 

周りと同じ就活はしねぇぜ、ってカッコつけてました。

 

 

 

 

 

転職の面接では、幼稚園くらいから聞かれたので、そんくらいから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

産まれたのはど田舎で、両親と姉一人という平々凡々な家庭に産まれました。

 

 

 

一番古い記憶は、二歳くらい(多分)アパートの床に寝そべっていたのを覚えています。

 

 

後、ジャンパーソンの光る剣を振り回していた。

 

 

 

まぁ割と活発な方だったと思う。

 

 

 

 

幼稚園に入園して、毎日目の前の公園で光る泥団子作ったり、砂のお城作ったり、竹馬したり、鬼ごっこしたり、まぁ普通でした。

 

 

ただ、その時に初恋がありましたね。仮にA子ちゃんとしましょう。

両親に言われたのは、A子ちゃんも僕のことが好きだったとか。

幼稚園の同級生ともたまに会うんですが、A子ちゃんと草むらでチューしてたとか、全然記憶にありません。

 

幼稚園の時が一番モテた。。。。。。

 

 

 

 

あとは、すげー負けず嫌いで、運動会のかけっこで他の人に抜かされると、その場でへたり込んで泣き出したりしていたらしい。

 

 

実力は無いのに、プライドだけは高いのは今も昔も変わらない。

三つ子の魂百までとはよく言ったものだ。

 

 

 

 

初恋と平々凡々な幼稚園時代を3年間過ごしましたね。

 

 

 

 

この頃の僕は、負けず嫌いで自分が中心にならないと納得しない、いわゆるワガママ坊やでした。

 

 

 

まぁ小学校に上がっても、その性格は変わらないのですが。

 

 

 

結構疲れるな。これ。

 

 

某人材会社の最終面接を終えて

知らず知らずのうちに100記事書いてたぽいです。

 

 

全然ブログ書いた覚えがないけど、まぁいいでしょう。

 

 

 

 

 

タイトルにもある通り、先日某人材会社の最終面接受けてきました。

 

 

 

今ここにないナンチャラと有名なとこですね。

 

 

 

 

まぁ上手くいけば、なんかそれの記事も書きたいですけど。

 

 

結果はどうでしょうか。

 

 

 

まぁ色々と深掘りされましたけど、なんかパーソナルな部分をめちゃくちゃ聞かれましたね。

 

 

 

 

受かる受からないは別として、なんかやり終えた開放感でいっぱいです。

 

 

 

ますます今の会社にやる気が起こらん。

 

 

 

 

 

それ以外でも後2社受けてまして。

 

 

 

ベンチャーコンサルと同じ人材会社。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰が興味あんねん。(ヤナギブソンさん)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果を待つばかりです。

 

 

 

 

 

 

 

東京戻りたいな〜。

 

 

 

 

 

 

人生の目標が見つからない

最近人生の目標を考えてる。

 

 

なにもない。

 

 

 

 

自分には何もない。

 

 

 

 

そんな結論に至る。

 

 

 

 

現状を変えたくて転職活動をしてみるも、やりたいことが見つからない。

 

 

 

 

 

CA(キャリアアドバイザー)の方が可愛いから、そんな理由でその会社を受けてみることにしてみた。

 

 

 

 

でもそのCAのマネージャーとの面談で鬼詰めされる。

 

 

 

 

 

 

あ、俺の居場所はここじゃないな

 

 

 

 

そんな風に感じた

 

 

 

 

 

 

 

俺の居場所って?

 

 

 

 

そんなのあるの?

 

 

 

 

現職に残った方がいいんじゃないの?

 

 

 

給料だって平均より貰えてるし、外回りだからサボろうと思えばいくらでもサボれる

 

 

 

 

 

でもそれで何が残る?

 

 

 

 

このままでいいのか?

 

 

 

 

そんな気持ちだけ大きくなる

 

 

 

 

 

一歩を踏み出す勇気はある

 

 

 

 

転職活動はしている

 

 

 

 

 

でも現職との兼ね合いで十分な時間が取れない

 

 

 

 

面談をドタキャン、資料の提出、深掘りが全然出来ない

 

 

 

 

 

今までと同じ

 

 

 

 

全部中途半端

 

 

 

 

結局自分は何がしたいの?

 

 

 

 

 

 

人生の目標が見つからない

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな日々

 

 

 

 

 

 

 

他の人って人生の目標ってあるの?

 

 

 

 

 

 

自分らしく働くって何?

 

 

 

 

 

 

どうすればいいの?

 

 

 

 

オーストラリア旅行記〜その2〜

どうも、おはぎです。

 

 

 

だいぶ日が経っちゃいましたが、続き。

 

 

 

 

記憶も薄れていますが。。。。

 

 

 

 

オーストラリアで何してたかっていうと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特に何も。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

していませーん。

 

 

 

 

 

 

 

 

適当にカフェ入ったり、ブラブラ散歩したり、そんな感じでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもそれがいいんですよね、僕的に。

 

 

 

 

 

 

海外行って、あれしなきゃ、これしなきゃ、とか考えるのがめんどくさい。

 

 

 

 

 

 

いつも通り起きて、いつも通り過ごす。

 

 

 

 

 

 

ただそれがいつもと違う風景、空気、環境なのが良い。

 

 

 

 

 

 

僕はそう感じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、もちろんオペラハウスは行きましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hagik-0813:20180516174840j:image

 

 

 

 

 

たまたま結婚式?の写真撮影しているグループもいたのですが。

 

 

 

 

 

 

オペラハウスはいざ見てみるとなんてこと無いただの建造物でした。笑

 

 

 

 

 

 

オペラハウスの周りって結構バーとかあって、そこで酒飲んでましたね。

 

 

 

 

 

サラリーマンみたいな人もかなりいて楽しかったです。

 

 

 

 

やはり、海外は良いですね〜。

 

 

f:id:hagik-0813:20180516175528j:image

 

 

思ったより物価も高くなかったので、また行きたいですね。

 

 

f:id:hagik-0813:20180516175756j:image

 

 

ホテル近くのカフェのロゴがかっこよかったので記念撮影。

 

 

 

 

 

 

オーストラリア旅行記〜その1〜

どうも、おはぎです。

 

 

 

 

GWを利用してオーストラリアのシドニーに来ています。

 

 

 

 

羽田からの直行便で10時間ほど。

 

 

 

時差は日本とは1時間。(日本が朝の9時だったらシドニーは朝の10時。)

 

 

 

今はシドニーは秋で比較的過ごしやすいです。

 

 

それでも日中は半袖で過ごせるくらい暑くてサングラスは必須です。かなりまぶしい。

夜はかなり冷え込むので、長袖一枚あれば便利かも。

 

 

今回僕の旅行記出発前から時系列で書きます。

 

 

 

ただの殴り書きですが、誰かの役に立てばいいな。

 

 

 

 

 

 

まずは羽田の国際空港でチェックイン。

 

 

 

 

その時に言われたのが、

 

 

 

 

「ETASってもう取得してますか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

「なんじゃそりゃ?」

 

 

 

 

 

 

 

どうやらオーストラリアに入国する際には、ETASという電子ビザを発行する必要があるとのこと。20ドルで発行出来ます。(2018年5月現在)

 

 

 

 

よく下調べしない悪い癖です、、、

 

 

 

カウンターのお姉さん曰く、空港のPCの方がスムーズに出来るとのことで場所を教えてもらうも、使用中だったのでスマホでやっちゃいました。

 

 

 

所要時間はだいたい15分くらい。

 

 

 

 

 

発行したら登録したアドレスに、発行しました〜みたいなメールが飛んできて終了。

 

 

 

再度チェックインカウンターでチェックイン。

 

 

 

 

 

やっぱ海外旅行の際には、2時間前には空港到着しといた方がいいですよ、絶対。

 

 

 

そのあと手荷物検査やら何やら。

 

 

夜中のフライトだったので、小腹満たしにラーメンとビール。笑

 

 

f:id:hagik-0813:20180505043555j:image

 

 

フライトはカンタス航空の直行便。

 

 

 

正直機内食はイマイチ。笑

 

 

 

機内でブラックパンサーが観れたのは良かった。笑

 

 

 

オーストラリア到着後は、初めてこれを使ってみました!

 

 

 

 

 

f:id:hagik-0813:20180505043810j:image

 

 

 

ePassport

 

 

 

 

これ所謂入国審査が省けるんですよね。

 

 

海外行くと、入国審査って結構緊張しません?

 

 

仏頂面で屈強な方々に顔をジロジロと見られて

 

 

 

「Passport.」

 

 

 

 

 

って言われるあの瞬間。笑

 

 

 

 

まぁでもあれが僕は結構好きなんですが。

 

 

 

 

 

海外キター♪───O(≧∇≦)O────♪

 

 

 

って感じで。

 

 

 

 

 

まぁとにもかくにもePassportを使ってみましょってことでやってみました。

 

 

 

 

 

使い方は簡単。

 

 

画面の表記に従って、パスポートを突っ込むだけです。

そのあと、簡単な質問に答えるだけ。

結核にかかりましたか?とかそんなの。

 

もちろん、画面の言語は日本語に変えることも可能。

 

 

そのあと印刷されるチケットを持って、ePassport専用レーンで顔認証されて、OKなら通過。帽子とかメガネとかは外してね。

 

 

 

あとは道なりに進んで行って、最後に係の人がいてパスポートとePassportのチケット渡して、はい、オーストラリアって感じでした。

 

 

f:id:hagik-0813:20180505083418j:image

 

〜続く〜